指導の理念・目的

子供たちにとって勉強ってどんなものでしょうか? 一部の成績がいい子を除いて大半の子供たちにとって『嫌なもの』 『苦痛なもの』『仕方なくするもの』なのではないでしょうか? まず、どうやってその苦痛な勉強を楽しんで行えるようにするか? 樂力塾の1つ目の目標はここにあります。 子供にとっては嫌な事を強制されても苦痛なだけです、あまり厳しく すると大人の前でごまかしたり勉強をしたフリをするようになるでし ょう。 それでは何の為の勉強なのか?何の為の塾なのか? 今後の人生で子 供に嫌な事や困難に出会ったときに解決せずにごまかして生きていく 事を教える為に勉強や塾が存在する訳ではありません。樂力塾では困 難を解決する力、それもピンチを楽しみながら乗り越えようとする自 信と実力をつけてもらいたいと思っています。

樂力塾
永井 芳生(ながい よしお)


樂力塾ではまず勉強を楽しくする空間を作り出す事に気を配ります。 はじめは友達と一緒に教室に来る事や先生の面白い話が目当てでも 構いません。 教室に通ううちに勉強への抵抗が少なくなり授業を通して知識や理 解力が高まっていくと次第に勉強自体の中から生徒自身が楽しさを 引き出せるようになってくるはずです。 そうなれば今までのテストの為の無機質な勉強とは違ってきますから、自ずと勉強の質と量が変わってきます。 結果としてテストの点が大幅に上がる事が多いのですが(途中入塾者を見ていると変化がよくわかります)テストの点は目標ではありません。あくまで勉強を楽しんだ結果です。努力して頑張るのも良いですが、勉強を楽しんで行っているものにはかないません、時間をかけ最初は『教室の雰囲気が楽しい』ところから最終的に『勉強の内容が楽しい』に移行していきます。そうなると勉強に集中する空気が教室に生まれてきます。


そして勉強をする空気が出来て来ると問題の本質に気付いてポイントを判断出来る能力を養う事を目的として指導が出来るようになります。 これが2つ目の目標です。学年ごとに難しくなっていく内容をただ追いかけても苦しいだけです。必ずその問題で身につけて欲しい目標や気付いて欲しいポイントが問題の中に入っています。 違いに気付きそれを判断していく能力を身につけて欲しいと思っています。生徒達を見ていると特に数学においてですが答えは何か?解き方はどうするのか?ばかりに注意がいって問題を理解せずに解き始めようとする子が多いのですが、問題の意味をしっかり理解してしまえば問題の中の何が大事なのかの判断は簡単に出来ますし、どのような式を使い解いていくのかということは自然に浮かんでくると思います。これは社会に出ても仕事や話のどこがポイントなのか、状況をどう判断して対処・行動するのか?という部分に生きて来ると思います。上の学年になっても困らないように問題を通して何が大事なのか考える事・判断する事を指導しています。 そして生徒達に萩という狭い地域でものを考えないで欲しい為、色々と情報を提供し視野を広げてもらう事を3つ目の目標としております 生徒達と話していて勉強はある程度出来ていても、一般的な知識や常識に乏しい生徒が多いと感じることがあります。 いきなり世界的な視野や大人の仕事に関する話は難しいかもしれませんが、自分の通っている中学や萩市の範囲での視野を越えて山口市での事や高校生の勉強の事、高校生は大学入試や大学入学後の事についてなど少しずつでも自分の視野の範囲の外側を感じ取ってもらえたら良いと思っています。 最終的には将来の仕事の事や、産業の仕組み、世界と日本の関係や、大人になってかかる生活費と収入などについての興味と知識を持ってもらえたらと思っています。


指導の対象


小学高学年〜

基本どなたでも入塾可能です、授業中他の生徒さんの迷惑にならない最低限のマナーが身に付いていて中学校の勉強への準備の意欲がある方。(定員7名)



中学生〜

萩高校・萩商工志望者中心で定期テスト80〜100点を目標として指導しています。途中入塾希望者については入塾前より各教科20〜40点アップを目標としますが中1生で定期テスト5教科合計で300点以上、中2〜3生 270点以上、の得点が取れていないと当塾での授業の効果が出づらいことがあります。 (定員11名)



高校生〜

大学進学を希望されている方、萩高校生を中心として1年生時からセンター試験の内容を考慮して進めていきます。中学クラスと較べると内容も厳しくなり萩高校でおおむね10番以内が取れる定期テスト80点、模試60点を目標とした内容の指導を行います。(生徒さんに合わせて指導内容を基本的な平均点が取れる内容のみにする場合もございます。)  (定員7名)


|  TOP  | 指導の理念・目標 | 塾のご案内 | お月謝/入会規約 | 大人のための英語教室はじめました | よくある質問 | 体験/入塾希望お問い合わせ |

Copyright(c) 2013 萩市の樂力塾  site. All Rights Reserved